アトピー肌のスキンケア

アトピーだった娘のスキンケア方法を簡単に説明しています。

アトピー性皮膚炎 治療奮闘記 - 赤ちゃんのアトピー治療

アトピー肌のスキンケア

基本のスキンケア

アトピー肌のスキンケアは、まず保水、そして保湿です。
お風呂上り、すぐに保水します。それこそ化粧水が滴るほどたっぷりと。そして、その化粧水が乾かない内に、今度はオイルを塗り、水分の蒸発を防ぎます。基本的にはこれだけです。

当時、まだ赤ちゃんだった娘の場合、お風呂に入れる前に脱衣場にバスタオルを引いておき、お風呂上り、その上に寝かせてたっぷりと保水し、すぐにオイルを塗っていました。

乾燥するとかゆくなるので、とにかく肌を乾燥させないこと。これに尽きます。

使っていたスキンケア製品

当時、カウンセリングを受けていたオムバスのスキンケア製品を使用していました。
娘の肌に合っていたのが一番の理由でしたが、オムバスのスキンケア製品はアトピー用に開発されている安心感もありました。

しかし、肌に刺激にならないスキンケア製品であれば、何でも良いと思います。どのスキンケア製品が合うかどうかは個人差がありますので、色々と試してみた方がいいと思います。
おすすめグッズを参考にしていただければ幸いです。


アトピー肌と主婦湿疹(手荒れ、手の水泡)のためのセレクトショップ『 アトピーケア 』では、『ステロイドに頼らないスキンケア』を基本理念とした商品開発と情報提供を行っております。汗泡(手の水泡)、手湿疹、手荒れ(手あれ)、主婦湿疹でお悩みの方もご相談ください。


石けんについて

小児科、皮膚科の先生に言われて変えたのが、お風呂で使う石けんです。それまではベビー用のポンプ式の泡で出てくるタイプのものを使っていました。ベビー用だから肌に優しいだろうと思って使っていたのですが、ベビー用でもアトピーの赤ちゃんにとっては刺激になる成分が入っているから、無添加石けんが良いと言われ、早速無添加の固形石けんに変えました。もちろん、頭(髪)も無添加石けんで洗っていました。

お風呂の石けんだけでなく、洗濯用の洗剤も粉石けんを使うようになり、今はお風呂掃除や台所の食器用洗剤も石けんを使っています。


アトピーを90日で克服する方法〜7つの秘訣〜