乳児湿疹

アトピー性皮膚炎と乳児湿疹の違いを説明しています。

アトピー性皮膚炎 治療奮闘記 - 赤ちゃんのアトピー治療

アトピー性皮膚炎と乳児湿疹の違い

アトピー性皮膚炎は、強いかゆみを伴う湿疹が慢性的に続くものを言い、乳児湿疹は、一時的に起こる湿疹のことを言うようです。乳児湿疹もかゆみを伴う場合もあるようです。

乳児湿疹の症状

乳児湿疹は、生後2週間くらいから1歳くらいまでに発症することが多く、多くの赤ちゃんが経験します。季節に関係なく、顔や頭を中心に、赤い発疹が出ます。これより症状がひどくなると、乳児脂漏性湿疹と言われています。

乳児湿疹は、特に治療をしなくても3〜4週間くらいで自然に治ることが多いようですが、症状が長引くようであれば、病院で診察を受けることをおすすめします。


アトピーを90日で克服する方法〜7つの秘訣〜