石けんと洗剤について考える

下の子がアトピーを発症してから、石けんと洗剤について考えるようになりました。

アトピー性皮膚炎 治療奮闘記 - 赤ちゃんのアトピー治療

きっかけ

考えるきっかけをくれたのは、小児科の先生です。
アトピー改善のために、衣類を洗う洗剤を粉石けんに変えてみることを薦められたのです。
医院内のタオルなどはすべてシャボン玉スノール(粉石けん)で洗っているとのこと。粉石けんで洗えば柔らかく仕上がるので柔軟剤は不要、肌にも安心とのこと。
実際に粉石けんで洗ったタオルを見せてくれたのが印象的でした。

粉石けんで洗濯

それまでは当然のように合成洗剤と柔軟剤を使っていましたが、これを機に、シャボン玉スノールを使ってみることにしました。

しかし、粉石けんは合成洗剤のように、洗濯物と一緒に洗剤を入れてスイッチオン!という訳には行きません。
毎回粉石けんを少量の水で溶かし、水を追加して洗濯液を作ってから洗濯物を投入、洗濯物の量も少し減らして余裕を持たせて洗うようにしました。正直、ちょっと面倒ですが、子供のためと思い、地道に続けていました。

石けんの難点

確かに粉石けんで洗った衣類は、柔らかく仕上がり、柔軟剤は不要です。
しかし、難点なのは、溶けの悪さはもちろんのこと、衣類が乾いた後に残る、独特の石けん臭。黄ばみも気になります。それより何より、合成洗剤に比べ、価格が高いということです。
結局、子供のアトピーが改善するに従い、良くないとは思いながらも、市販の合成洗剤に戻ってしまいました。

理想の洗剤を求めて

再び手軽で安価な合成洗剤を使いながらも、このままではいけない、何とか合成洗剤をやめなければ・・・と思っていました。
粉石けんより使い勝手が良く、安心・安全な洗剤はないかと探し始め、粉石けんの中でも比較的溶けの良い、ミヨシのそよ風せっけんを使ってみることにしました。そよ風せっけんはほど溶けが悪いこともなく、これはいいかも知れないと期待したものの、複合石けんもやはり石けん。独特のせっけん臭が気になり、価格も安いとは言えません。液体石けんも同様です。もっと使い勝手の良い洗剤はないものかと探していたら、ちょっと変わった液体石けんと柔軟剤を発見しました。ニトムズの液体石けんここちと柔軟剤ふわりです。液体石けんでありながら、柔軟剤を入れるという洗剤に興味を持ち、使ってみることにしました。

続く・・・(執筆途中)


アトピーを90日で克服する方法〜7つの秘訣〜