3ヶ月検診 アトピー性皮膚炎の疑いあり

アトピー性皮膚炎の疑いあり、との診断!私と赤ちゃんのアトピー治療奮闘開始です。

アトピー性皮膚炎 治療奮闘記 - 赤ちゃんのアトピー治療

母乳のみで育てていたので、小児科の先生から、まずはお母さんが卵と牛乳を除去するように、と言われました。そして、赤ちゃんには塗り薬が処方されました。まずは、お母さんの除去食と塗り薬で1ヶ月様子を見て、来月診察に来てください、とのこと。

自宅に戻り、アトピーの疑いがあることを義母に伝えました。そうしたら、皮膚科に行った方がいいのでは?と言われ、早速連れて行きました。皮膚科での診断も、アトピー性皮膚炎でした。

皮膚科の先生に、小児科で言われた除去食のことと、処方された塗り薬のことを話したら、この程度のアトピーなら、お母さんが除去食する必要はない。塗り薬も強すぎるから、もう少し弱いものを出しておきましょう、と言われました。

アトピーは皮膚の病気だから、皮膚科の先生の言う事の方が正しいような気がするけど、でも、赤ちゃんのことは、小児科の先生の方が専門だし・・・。定まらない診断や処方される薬に困惑し、何件も別の小児科に行ったり、皮膚科に行ったりしました。

とりあえず、1ヶ月間は私が卵と牛乳を除去し、塗り薬は皮膚科で処方してもらったものを使っていました。ご参考までに、処方された薬をご紹介します。

小児科A

3ヶ月検診の際に処方されたものです。主に使用していました。

外用薬

【入浴後塗布】(下記の2種類、まざっています)
・キンダベート軟膏 15g
・(局)ワセリン 15g

皮膚科A

外用薬

【1日2回塗布】
・パルデス軟膏 5g×3
腕・脚がひどい時に使用していました。
・プロペト 40g


アトピーを90日で克服する方法〜7つの秘訣〜