薬の種類


3ヶ月検診 アトピー性皮膚炎の疑いあり や、小児科&皮膚科巡り、6ヶ月 アレルギー検査 でご紹介した薬について、種類別に説明しています。

ステロイド外用剤


ステロイドは、薬の強さで5段階に分類されています。
処方されたステロイドの強さは以下の通りです。

段階1(強い)

段階2 パンデル軟膏

段階3 リンデロン-VG軟膏

段階4 キンダベート軟膏、アルメタ軟膏、ロコイド軟膏

段階5(弱い) パルデス軟膏、パルデスローション、サンテゾーン0.05%眼軟膏、デキサメゾン軟膏「イワキ」、プレドニン眼軟膏


ステロイド剤以外の外用剤


アンダーム軟膏・アズノール軟膏
ステロイドを使っていない薬です。軽症の時や、皮膚の薄い顔や目のまわり、外陰部など、ステロイドをなるべく使いたくない場所や、かゆみが減って症状がよくなってきたときに使うことが多いようです。

スキンケア外用剤


バスタロン20ソフト・ヒルドイドソフト
皮膚を乾燥から守る、スキンケアのための薬で、皮膚に水分を与える保湿剤です。副作用はほぼないと言われています。

その他の薬


アリメジンシロップ
抗ヒスタミン剤の飲み薬。かゆみの原因となるヒスタミンという物質の働きを抑えます。長期使用により睡眠障害的副作用が出ることもあると言われています。

ゲンタシン軟膏
抗生物質。

アスタット軟膏
真菌剤。首と股にカンジタ菌がいたので処方されました。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。