1ヶ月検診 乳児湿疹


1ヶ月検診では、体重増加も良好で、特に問題もなく、順調そのもの。

ただ、顔の湿疹は相変わらずで、そのことを先生に言ったら、おそらく乳児湿疹だろうから、心配ない。
清潔にしてあげて、とのことでした。

ところが、2ヶ月を過ぎたころ、顔の湿疹が徐々に広がって来たのです。

顔から首、胸からおなかへ・・・。

そして、とうとう痒がりだしたのです。
一番症状がひどいのは顔と頭だったのですが、まだ上手く動かせない小さな手で、顔や頭をこすっているのです。

それでも、1ヶ月検診で、乳児湿疹だとの診断を受けていたので、頭や顔をかかないように手袋をはめる以外は特に何もしないまま、過ごしていました。

しかし、顔の湿疹は段々ひどくなり、身体はザラザラ、赤ちゃんらしくない肌になって行ったのです。

この頃から、もしかしたら、アトピーなのでは?と思い始めました。

そんなある日、義母が、乳児湿疹かも知れないが、もう一度小児科に連れて行った方がいいんじゃない?と言ってきたのです。
しかし、もうすぐ3ヶ月検診だったので、その時に聞いてみます、と言い、連れて行きませんでした。

アトピーとは思いたくなかった、これは乳児湿疹なんだ、と思いたかったのです。

しかし、3ヶ月検診に連れて行った時の診断は、アトピー性皮膚炎の疑いあり、でした。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。