アトピー性皮膚炎の原因


アトピー性皮膚炎という病気は昔から存在していました。

しかし、近年になって急激に増加してきたので、私たちの生活環境が原因ではないかと言われています。

私たちの生活環境は、交通機関の発達や空調設備の充実など、新陳代謝の機能が低下するような環境がどんどん増えています。

私たち人間は、新陳代謝を行うことで身体のバランスを保っています。

しかし、本来代謝させなければならない有害物質がどんどん増えているのに、夜型の生活による睡眠不足や、衛生環境の発達によって細菌にさらされることが少なくなり、身体の免疫バランスが崩れ、アレルギーを抑える働きが減ったことが原因の一つと言われています。

その結果、通常なら反応しなくても良いものにアレルギー反応してしまうのです。

皮膚のバリア機能の低下とは、皮膚が乾燥しやすく保護機能が弱い、刺激に過剰反応してしまう体質などが関係しているようです。
セラミドが不足しているので、角質細胞が不安定ではがれやすく、水分も蒸発しやすくなっています。

外部の刺激に弱い状態のため、乾燥によるかゆみや炎症を引き起こし、アトピー性皮膚炎そのものを悪化させてしまうのです。