アトピー性皮膚炎とは?


アトピー性皮膚炎は、かゆみの強い湿疹が慢性的に続くのが特徴です。

赤ちゃんの場合、生後2~3ヶ月ごろから顔や頭を中心に赤い発疹が現れ、2ヶ月以上続く慢性・再発性の湿疹をアトピー性皮膚炎と言います。

アトピーの湿疹は、ジュクジュクして強いかゆみを伴う症状を繰り返しながら、胸やおなか、手足へと広がって行きます。
湿疹は、胸やおなか、手足以外にも、耳や首、背中など、身体全体に出ます。

アトピー性皮膚炎は、アレルギー症状の一つであり、ケガのような外部要因が原因となる状態とは違い、自分の身体が生体反応として引き起こしています。

アトピー性皮膚炎は、アレルギー症状として現れている以上、良くない状態ではありますが、身体の防衛反応の結果として現れているとも言えます。

自分の身体が起こしている反応ということは、その原因がわかれば、自分の身体でその反応を抑えることも可能であると考えられます。